ある日、海にグーがやって来ました。

「グー グー グー」

グーの声を聞いたみんなは、気持ちよく眠りました。

みんなは、空を飛んでいる夢を見ました。
見下ろした海は広くて、ゆったりと波打っていました。
海のあちこちからは雲がモクモクと生まれていました。
しかし、乾いた大気の中で強い日差しに晒されると体中がヒリヒリしました。みんなは海に帰りたいと思いました。

みんなが目覚めると、いつものように海にいました。海は優しく体を包んで、揺りかごのように、優しく揺れていました。

「本当に素晴らしいものは、離れてから初めて気がつくのかもしれない。いつも比較して、文句ばかり言っていたことが恥ずかしい」

それからみんなは海が大好きになり、幸せに暮らしました。

 
Then, Coo coo appeared.
“Coo, coo, coo,” the gentle creature intoned.
The encouraging voice of Coo coo guided everyone to fanciful dreams where they could fly freely through the air.