p-6「ジムノペディ Gymnopédies-1」
"私は空を飛べるような気がする"  彼女は唐突に屋上の縁を歩きはじめた。
ワンピースの裾が風に翻って、すらりとした白い足があらわになった。
優雅に手を広げたその姿は 大きな白い鳥のように空を飛べそうに思えた---同名短編より抜粋