i-8「おっぱい山のシャモジくん」
「おっぱいやまさん、にもつがとどいています。はんこください。」 シャモジくんは やまのうえからおおきなこえで へんじをしました。
「そんなひとはいませんよ。それはこのやまのなまえです。」でも、しかたがないので、 シャモジくんは いそいでハンコをもって、
おっぱいやまをすべりおりました。 ・・・「なんだろう?なかみはでっかいいもかな?それともタヌキのしっぽかな?」 むらはおおさわぎです。