その時、雨空にグーが現れました。

「グー グー グー」

グーの声を聞いた彼女は電車を待ちながら、一瞬、眠ってしまいました。

彼女は軽やかな風になった夢を見ました。
風になった彼女は、草花を揺らし、雲をくぐり抜け、自由自在に空を飛びました。


彼女は電車の音で目覚めました。相変わらず、寒くて嫌な雨が降り続けていました。

しかし、いつもと何かが変わったように感じました。信号灯や家の明かりが花模様のように雨ににじみ、雨に濡れた木々は とても みずみずし見えました。

「今まで、どうして、雨景色のすばらしさに
気づかなかったのだろう。本当は自分はとても自由なかもしれない」

彼女は電車に乗って仕事へ行くのをやめました。そして、好きなように歩き始めました。
いつの間にか雨雲は去っていて、夕暮れの光が射していました。

「どうして、嫌なことばかりに大切な人生を費やしていたのだろう」

さわやかな風の中で、彼女はこれまでの生活を思い返していました。

 
Then, Coo coo appeared.
“Coo, coo, coo,” the gentle creature sang.
The soothing voice of Coo coo guided the lady to a restful sleep, where she had a healing dream of soft wind.