ある日、グーが夜空に現れました。

「グー グー グー」

グーの声を聞くと、町のみんなとライオンは心地よく眠りました。

みんなは、雲のふとんで ライオンと一緒に眠っている夢を見ました。ライオンのいびきは雷みたいに大きかったけど、オーケストラのように心地よく聞こえました。


みんなは目覚めました。
みんなは ライオンにおずおず近づいて話しかけてみました。

「話しかけてくれてありがとう。オレはいつもみんなと話したいと思っていたんだ」
ライオンは嬉しそうに答えました。

「怖かったのは、近づいたり、話しかけたりしなかったからかもしれない」
みんなは、心からそう思いました。

それからは、ライオンとみんなは仲良く暮らしました。

 
Then, Coo coo appeared.
“Coo, coo, coo,” the gentle creature whispered in the town folks ears.
The soothing voice of Coo coo guided everyone to harmonious dreams where they all slumbered together in a quilt made of clouds.